医療ツーリズムの促進 日本のブランド力


医療ツーリズム

 

昨年から仲間内で始めている医療ツーリズムのインバウンド業務。

今、あちらこちらからと、話が出てきています。

実際、日本の医療機関は、収益をアップさせるには、保健医療以外の収入を増やしたいというのが、本音です。医療検診もそうですが、それ以外にも美容系や精力増進系など、また、アンチエイジングなどの老化防止などもすごく人気があるジャンルになります。

 

海外からの旅行者で、簡単に終えることができる医療としては、手術までするのは、ちょっと怖いですが、注射で注入して若返りや元気になるような簡単な医療なら受けていきたいというニーズがあります。ヒアルロン酸注射などは、人気があります。

中国人観光客に日本でなぜ医療行為を受けたいのかといえば、製品の信用が高いということが言えます。

中国に医療機関はありますが、やはり、病院によってはどのレベルの商品を使っているのか不安要素があるという話をよく聞きます。

日本の病院であるなら、間違いない製品を使っているという日本のブランド力がここでも生きています。

その信用力を壊さないように努力することも必要ですし、また、その信用力をうまく使うことが、医療ツーリズムを促進させる点で重要なポイントになるでしょう。