医療ツーリズムを普及させる!


私は、仕事で中国ビジネス長年やってきたいのですが、最近になって中国人観光客の誘致について相談を受けるようになりました。

昨年度は、499万人中国から訪日客がいたということです。今年はまだまだ増える可能性が高いという話を聞きます。

その中で、買い物も訪日観光客で人気のあるサービス一つですが、それ以外に、日本で医療検診を受けたいというニーズがたまっています。

日本の医療機関の環境、レベルが外国人から見れば魅力的な部分が多いと思います。

私も過去に何度か中国の病院にかかったことがありますが、結構大変でした。

なにがって、想像におまかせしますが、

だから、病院にいくなら日本でしょうとおもったのです。

 

その思いは中国人の方も同じじゃないかと思います。日本の病院で診てもらいたい。検診してもらいたいというニーズが高まっています。しかし、問題は、どこの病院にいったらいいのか?また、病院を紹介したからとって、紹介料や広告費をもらうことができません。

 

それじゃあ、紹介者は紹介してもボランティアになります。そこで、その問題を解決するために、サポートするようにしました。

 

紹介者にも広告宣伝費がお支払いできる制度がなければ、医療ツーリズムは、普及しないと考えました。

 

弊社で提携している病院に限り、外国人観光客の医療検診(自費検診)をした方を対象に紹介料をお支払いできる制度です。

そうすれば、旅行会社の方や、ホテル経営者の方にとってメリットがでます。

病院を紹介しても病院は普通に支払いをして終わりです。

紹介者には、なにもメリットがありません。ありがとうで終わったら、仕事にならないですよね。

ですから、仕事できるように支援制度を作りました。

 

医療ツーリズムのビジネスに興味がある方、ご連絡ください。

 

Email kotani@jcbo.org 担当小谷